社長メッセージ

斉藤 智

国内外で活躍する 人材の育成に貢献する

 桐原書店は2017年に創立50周年を迎えました。その間、高度経済成長を終えた日本の社会構造は大きく変容し、また、日本を取り巻く世界の姿も様変わりしました。科学技術の進化や社会のさらなる情報化、グローバル化とともに、次の50年を想像することは決して容易ではありません。
 教育現場もまた大きな課題に直面しているように思えます。これからの時代を生き抜くためには、より多くの知識を獲得し、定められた正解にいち早くたどり着く技能ではなく、自ら課題を設定し、異なる価値観を持った他者と協働して問題を解決するスキルを習得することを求められるからです。
 当然、今後求められる教科書や教材、教育サービスの役割や形態、そして内容も従来のものとは異なったものになるでしょう。しかし、将来を見通せない時代にあっても、私たちには先生方や学習者の方の要望に応える教育コンテンツを今後も提供し続けられる、という確信があります。
 1967年の設立以来、桐原書店は教科書や学習参考書の出版をつうじて、多くの先生方や学習者と接する機会を持つことができました。もし、私どもの出版物や教材、サービスが、教育現場で一定の評価をいただいているとすれば、それは、実際にお使いいただいた方の声に耳を傾け、それを商品やサービスの内容に反映してきた結果だと自負しております。
 桐原書店が目指す出版とは、先生や生徒さんにいちばん近いところで教科書や学習参考書を作り、提供することです。私どもが理想とする教科書や教材は、高みから理想や理念を唱えるものではなく、教育現場や学習者に寄り添い、その時々の先生や生徒さんの教育ニーズ、学習ニーズに真摯に、誠実に応えるものだからです。
 「誠実さ」は、グローバル社会で通用する、日本人の優れた感性であると私どもは考えています。桐原書店は、教育に対し、顧客に対し、また、ものづくりに対し誠実であり続けることで、これからもみなさまの信頼を得、学習に喜びと感動をもたらすお手伝いをし続けたいと考えております。

株式会社桐原書店
代表取締役社長
斉藤 智