沿革

株式会社桐原書店

1966年
初代社長山崎賢二が、有限会社桐原書店を東京都文京区大塚に創業。山崎の出生の地、桐原村(現・長野市)にちなんで社名とし、高等学校および大学の英語教材の出版を始める。
1967年
株式会社桐原書店を設立。
1982年
海外出版物の輸入販売事業を開始。
1982年
『積木くずし』(穂積隆信 著)の映画化、テレビ化が相次ぎ、同書は280万部のミリオンセラーとなる。
1985年
『即戦ゼミ3 大学入試 英語頻出問題総演習』を発行、ベストセラーとなる。
1992年
高等学校英語教科書検定に全点合格。
1997年
高等学校英語教科書検定に全点合格。
1999年
『総合英語 Forest』を発行。高等学校にて圧倒的支持を得て、ベストセラーとなる。
2000年
ピアソン・グループの傘下となる。
2006年
『ロングマン英和辞典』を発行。
2010年
株式会社ピアソン・エデュケーションを吸収合併し、株式会社ピアソン桐原と社名を変更。
2013年
ピアソン・グループから離脱し、再び社名を株式会社桐原書店とする。
2015年
学習アプリ「きりはらの森」をリリース。
2016年
桐原書店設立50周年を迎える。
2017年
『総合英語FACTBOOK これからの英文法』を発行。
ファーストウェルネス・イングリッシュ・アカデミーと資本業務提携。
図書印刷株式会社のグループ子会社となる。
2018年
ファーストウェルネス・イングリッシュ・アカデミーを桐原グローバルアカデミーと校名変更。