書籍詳細

  • 新刊

即戦Navi2「伝わる」英語スピーキングの教科書

パブリック・スピーキング入門
横川 綾子 編著
本体 1,650円 + 税
  • 6773_ext_07_0.jpg
  • 6773_ext_07_1.jpg
  • 6773_ext_07_2.jpg
6773_ext_07_0.jpg
6773_ext_07_1.jpg
6773_ext_07_2.jpg
判型/頁数
A5判 / 200頁
ISBN
978-4-342-00173-4
刊行日
2018年8月1日
  • 中学生
  • 高校1年生
  • 高校2年生
  • 高校3年生
  • 大学入試
  • 大学・社会人
購入する
  • banar_shohin_kiriharanomori.jpg
  • banar_shohin_hpdownload.jpg

特徴

「英語を話す」から「英語で伝える」へ

「英語で伝える」には,常に聞き手が想定されます。
本書は人前で話すこと,聞き手に伝わる英語の表現法を段階的に身に付けるための学習書です。
伝えたいことを明確にし,達成したいゴールを決めて理論的に話すために以下のように学習を進めていきます。

●その1 伝えたいことが明確になる
「第1章 アイディア準備編」
原稿の設計図を描く段階です。まずは日本語を使って、話のテーマやゴールを確認したうえで、わかりやすく伝えるための準備を5つのステップに分けて行います。

●その2 効果的に伝える方法がわかる
「第2章 スキル養成編」
設計図を基に英語で原稿を書くための技術を身に付ける段階です。自分の考えを理論的かつ効果的に伝える5つのスキルを、様々なアクティビティを通じて習得します。

●その3 原稿を仕上げる感覚がつかめる
「第3章 スクリプト作成編」
設計図に沿って英語で原稿を書く段階です。日本語で整理したアイディアを、わかりやすい英語に変換するシミュレーションを3段階に分けて行います。

●その4 説得力のある表現術が身に付く
「第4章 スピーチ実践編」
説得力のある表現術を身に付ける段階です、声・体・目線といった非言語コミュニケーション要素をコントロールすることで聞き手を魅了し、自分の考えに納得してもらうための3つのポイントを紹介します。

●その5 自主練習の方針が定まる
「巻末コラム」
一人でできる自主練習のための3つのメソッドを提案しています。これらを参考に、自分に合ったやり方を見つけて、練習を継続しましょう。

付属品

【生徒用】
・音声CD1枚(本体に付属)
・音声データ(無料:ダウンロードにて提供します。本体付属のCDと同じ内容です。)
・学習アプリ「きりはらの森」(無料:iPhone/Android/Windows 対応)

※「音声データ」は  HPデータダウンロード  で、ご案内しています。


※「きりはらの森」は、ダウンロードにて提供いたしますが、ただいま準備中です。今しばらくお待ちください。

目次

読者のみなさまへ

「伝わる話し方」が求められるパブリック・スピーキング

第1章 アイディア準備編
 伝えたいことを明確にする5つのステップ

第2章 スキル養成編
 効果的に伝えるための5つのスキル

第3章 スクリプト作成編
 英語で書くための3つのシミュレーション

第3章 スクリプト作成編 上級テクニック
 文同士のつながりを示す5つのテクニック

第4章 スピーチ実践編
 魅力的な話し手になるための3つのポイント

巻末付録 本番に備えるための3つの自主練メソッド

動画『「伝わる」英語スピーキングの教科書』