動画数 15,000本以上!総合的な英語力UP!興味に合わせて選べる動画 動画数 15,000本以上!総合的な英語力UP!興味に合わせて選べる動画

サービス詳細のご説明資料、
体験用のデモアカウントをお届けしています。
お問い合わせフォームからお知らせください。

学習のしくみ

見る・学ぶ・話す・GoLive 見る・学ぶ・話す・GoLive
【見る】動画を見てリスニング
【学ぶ】重要単語、分からない単語を練習
【話す】通じる英語で発話演習を行える
【GoLive!】コミュニケーションを実践!オンライン英会話レッスン

先生(管理者)の
お役立ち機能

学習目標を設定

学習目標を設定

EnglishCentralでは、週次または月次単位で生徒の学習目標を設定できます。設定した学習目標は生徒の画面に表示され、生徒は常に自分の達成度を見ることができます。

学習目標として設定できる項目
  • 見る動画の数
  • 学習する単語の数
  • 発話練習をするセリフの数
  • 受講するオンライン英会話の数
    (プレミアムプランのみ)

任意の動画を課題に指定

任意の動画を課題に指定

教師は特定の動画やコースを学習課題として生徒に指定することが可能です。生徒は指定された動画やコースをマイクラス画面から学習できます。生徒に学ばせたい表現やテーマを扱った動画を多くの動画の中から適切に与えることができるほか、同一の動画・コースを学年やクラス共通の課題として指定することで、生徒の学習結果を評価として利用しやすくなります。

課題指定できる内容
  • 単独の動画
  • 単語リスト
  • 複数の動画からなる“コース”

学習進捗を確認

学習進捗を確認

生徒ひとりひとりの学習記録として、進捗度や発話音声を確認できます。設定した学習目標に対する進捗度がビジュアルで分かりやすく表現されるほか、レポートとしてダウンロードも可能なので、課題の進捗把握や評価、生徒へのフィードバックが容易になります。

先生側が確認できる学習記録
  • 動画の視聴数
  • 学習した単語数
  • 発話したセリフ数
  • 発話音声
  • GoLIVE!(オンライン英会話)受講数
  • 学習目標に対する達成度
  • コース別進捗度

目的に合わせた活用方法

習熟度別の学習設計

習熟度別の学習設計

EnglishCentralの動画は、全てに英語レベルが設定されているほか、文法や会話表現などの学習カテゴリを多数用意しています。

生徒自身に自分に合った題材を生徒自らが探すことで、主体的な学びを促します。

英語に触れる機会を増やす

英語に触れる機会を増やす

1本の動画は数分程度。授業での帯学習や、毎日1動画の課題を設定するなど、短時間で気軽に英語の発話練習を負担を感じさせることなく設定できます。また、ネイティブとのマンツーマンのオンライン英会話レッスンで実践することができます。
※プレミアムプランのみ

目的に合わせた活用方法

目的に合わせた活用方法

AIによる発話評価では、発音を確認しながら繰り返すことで発話力を向上することができます。

さらにネイティブ講師とのマンツーマンレッスンを行うことで、英検など外部検定の面接試験対策にも効果的です。

4技能評価に役立てる

4技能評価に役立てる

学習への取り組み状況が一覧でき、生徒の発話音声も確認可能。生徒の学習継続管理、評価にかかる先生の負担を軽減します。

プランは2種類。
活用目的に応じてお選びください

アカデミックプラン
プレミアムプラン

ご利用までの手順

ご利用までの手順 ご利用までの手順

サービス詳細のご説明資料、
体験用のデモアカウントをお届けしています。
お問い合わせフォームからお知らせください。

Q & A

学習は「見る → 学ぶ → 話す → GoLive!」の流れに沿って進みます。

見る
ニュース、日常表現からビジネスまで、自分の興味とレベルにあった動画を選び、パソコン、スマートフォン、タブレットなどで視聴しましょう。 分からない単語は字幕をクリックして文脈に即した意味を確認しましょう。

学ぶ
リスニングしながら、動画の主要単語と分からなかった単語の穴埋め問題に答えましょう。聞き取れなかった単語はスロー再生をして、少しづつ耳を慣らしてゆきましょう。

話す
動画のフレーズを声に出してみましょう。音声認識システムがあなたの発音と流ちょうさをリアルタイム採点。1人で納得のゆくまで練習し、憧れの発音をゲットしましょう。

GoLive!(プレミアム版のみ)
動画レッスンの総仕上げはプロ講師とのマンツーマンレッスン。動画で学んだ単語や表現を実践で使ってみましょう。経験豊かなプロ講師が会話を丁寧にリードします。

単語クイズ
「学ぶ」で間違えた単語や、お気に入り単語に入れた単語、レベル別の単語リストなどから単語を選んでクイズすることができます。

動画のレベルは1から7まであり、以下のような基準で構成されています。

レベル1 初級者 (Beginner)

    TOEIC:0 - 350
    TOEFL:0(CEFR A1より手前のレベル)
  • なじみのある物の名前がわかる (イス、机、家族、家など)
  • 100まで数えることができる
  • 挨拶ができ、自分の名前を言える
  • 簡単な文章を理解でき、「Yes」「No」で返答できる
  • レベル2 初級者 (High Beginner)

      TOEIC:351 - 400
      TOEFL:8 - 31(CEFR A1レベル)
  • 好き嫌いについて話すことができる
  • 簡単な質問に応えることができる
  • 他人を紹介できる
  • 日時について話すことができる
  • 現在形を使い身近なことを説明できる
  • レベル3 中級者 (Intermediate)

      TOEIC:401 - 500
      TOEFL:32 - 59(CEFR A2レベル)
  • 簡単な指示ができる
  • 過去形を使うことができる
  • 毎日やること (習慣) を説明できる
  • “Can you help me?” など簡単な質問に応えることができる
  • レベル4 中級者 (High Intermediate)

      TOEIC:501 - 600
      TOEFL:60 - 78(CEFR B1レベル)
  • 選択肢を提示することができる
  • 明日することについて話すことができる
  • 簡単な聞いた話を自分の言葉で話すことができる
  • 何かをしてよいか許可をとることができる
  • レベル5 上級者 (Low Intermediate)

      TOEIC:601 - 730
      TOEFL:79 - 93(CEFR B2レベル)
  • ミーティングを設定することができる
  • 改善や提案をすることができる
  • 丁寧に謝罪したり、理由を説明できる
  • 話題に上がっている事柄の良し悪しを語ることができる
  • レベル6 上級者 (Advanced)

      TOEIC:731 - 850
      TOEFL:94 - 114(CEFR C1レベル)
  • クレームに反応、対処することができる
  • 相手が納得する情報を提示することができる
  • 他人から聞いた複雑な話を自分の言葉で話すことができる
  • 話の内容を論理的にまとめて、アカデミックな単語を使い自信を持って話すことができる
  • レベル7 上級者 (Upper Advanced)

      TOEIC:851 - 990
      TOEFL:115 - 120(CEFR C2レベル)
  • スラングや慣用句が使え、ジョークを言える
  • 意見の衝突や対立を仲裁することができる
  • ビジネスの場面で交渉をすることができる
  • ニュースや複雑な内容の事象を理解できる
  • 以下のOS・ブラウザにて動作確認をしております。以下の動作環境以外では正常に表示・動作しない場合がございますので予めご了承ください。

    PCの場合

    オペレーティングシステム【OS】
    Windows 10
    MacOS 10.13 以上
    ChromeOS 79
    ブラウザ
    Chrome 79 以上
    Firefox 69 以上
    Edge Chromium 79 以上
    Safari 12 以上
  • Internet Exploreには対応していません。
  • 最低5Mb/s のインターネット接続速度をおすすめしています。
  • 各学習動画は動画視聴時に端末にダウンロード、再利用されます。動画一本あたりのサイズは約4MBです。
  • (「話す」の発話時と学習記録の更新にはインターネット接続が必要です)
  • 他のWindowsでも動作の確認は行われていますが、将来にわたって動作の保障を行うものではありません。
  • Windows 8 Metro UI modeの互換表示モードはサポートされていません。

  • スマートフォンの場合

    オペレーティングシステム【OS】
    Android v6.0 以上
    iOS 11 以上
    ダウンロード
    Google Play または Apple Store
    端末のタイプ
    タブレットまたはスマートフォン
    サポート外端末
    Sony Ericsson Xperia X10 mini, Samsung Galaxy S4, LG Optimus One P500, Samsung Galaxy Note 1 GT-N7000, HTC One X, Moto G, ASUS Zen Phone 3 (Z017DA)
    iOS 11 以下 (例: iPod Touch (シルバー), iPod Touch, iPhone 4s, iPhone 5s, iPod Touch 第5世代)
    Windowsスマートフォン, Blackberry端末, Kindle, Amazon

    解像度:360x640 以下

    スクリーンサイズ:4.0インチ

    一日2~3動画で学習してもデータ通信量は10MB周辺です。EnglishCentralアプリの利用が原因で、すぐに通信制限がかかるといった事態は生じにくいのではないかと思われます。
    一度再生された動画は次からは再生の際に通信を必要としないので、何度でも繰り返し同じ動画を通信量の心配なく視聴できます。

  • 「話す」の発話時と学習記録の更新にはインターネット接続が必要となります。
  • また、自分の家などにwifi接続ができる場所がある場合は、自動でwifiに繋がるように設定をしておけば、モバイルデータ通信量も抑えられます。

    基本的なご利用方法を、動画にて説明しています。

    お問い合わせ

    セミナー情報はこちら
    お問い合わせはこちら