2021年度 桐原書店 小論文目録 デジタルカタログ
18/36

手順1志望する学部・学科を挙げる志望する理由を考える手順2手順3将来の展望を考える将来の展望が曖昧!1 志望理由 2 自己アピール 解説 例題ます。までの過程を示すと、意欲が明確に伝わります。を持たせます。思っている仕事にどのような関連があるかなどを示して、説得力大学の推薦入試やAO入試では、必ずといってよいほど学に進学してどのような勉強をしたいのか、また、それは志望理由が問われることになります。志望理由は、その大えるものです。入試だけでなく、企業の就職試験でも必須なぜかについて説明し、入学したいという熱意や意欲を伝につけておきましょう。の課題ですので、ここで志望理由の書き方をしっかりと身は、学ぶ意欲のある生徒を求めています。それに応えるたそもそも、志望理由を書く目的は何でしょうか。大学側す。しかし、意欲の有無を確認するだけであれば、面接試めに、生徒は志望理由を書いて自らの学ぶ意欲を示すのでされるだけでなく、自らの学ぶ意欲を客観的・論理的に説験でもできるでしょう。志望理由では、意欲の有無が確認うしても貴学に入学したい」「入学を強く希望する」とば明することができるかが見られています。ですから、「どかり繰り返していても、志望理由にはなりません。自分に志望理由を書くための手順志望する学部・学科(就職の場合は職種)を挙げる志望する理由を考える将来の展望を考える●志望理由を書くための手順を学ぼう序論「志望する学部・学科」だいこと」にまで踏み込みまけでなく、「そこで学びたしょう。本論的な事例を交えて説明しま志望する「理由」を、具体学部健康スポーツ学科」として志望する学部・学科を「福祉結論しょう。示し、「将来の展望」に触理由を踏まえて強い意欲をと、何を学びたいかにまで踏みれましょう。のあり方について研究したい」います。さらに「スポーツ環境込んでいます。ているか。志望する学部・学科が示され害者の競技環境に興味を持ち、「パラリンピックを見た」とされているか。で何を学びたいかが端的に示学部・学科だけでなく、そこいう経験を出発点として、「障めの具体的な方法を模索したを交えて説明されているか。志望する理由が具体的な事例将来の展望が示されているか。技者の自立を継続的に支えるたその現状を調べてみた」→「競います。いるか。由が、将来の展望と関連して志望する学部・学科とその理い」と、具体的に理由を述べて障害者スポーツ指導員の資格を将来の展望を「社会福祉士やす。将来の展望が手順1・2をター役になりたい」としていま取得し、地域のコーディネーうかを確認しましょう。踏まえた内容になっているかどられない」という人も多いで「将来のことなんてまだ考え具体的に決めていないのですが理由に「将来については、まだしょう。だからといって、志望来のことを考えていないことがありません。これでは逆に、将……」などと正直に書く必要はでなくても、「大学で学んだこ強調されてしまいます。具体的とを生かしたい」というように、前向きな姿勢を示しましょう。1 志望理由 ただ「貴学(貴校)を志望する」というだけでは、大学の知名度やイメージ学部・学科を示すだけでなく、具体的に何を学びたいかも示ししょう。受けないためにも、具体的にどのような勉強をしたいのかを示しておきまに引かれて志望したと出題者に受け取られかねません。そのような誤解をここで挙げる具体的な事例にも、他の出題形式と同様、他者に納得しても志望する理由は、具体的な事例を挙げて説明します。志望するらえる客観性があるかどうかを確認する必要があります。「学んだことを生かしてこういう職業に就けば、こんな社会貢献ができる」、意や意欲が出題者に伝わるでしょう。とがきっと役に立つはずだ」といったことが述べられれば、さらに強い熱あるいは「将来こういうことをしたいと思っているので、大学で学んだこ学んだことを将来どのように生かしていくか、将来就きたいと来進みたい進路について書きなさい」「あなたが志望している分野につい大学入試の志望理由の課題には、「あなたが本学部を志望した理由と、将示さなければなりません。い」といったものがあります。このような課題の場合、将来の展望は必ずて、将来就きたいと思っている仕事や生き方と関連させながら述べなさ私は、貴学の福祉学部健康スポーツ学科を志望する。スポーツ環境のあり方について研究したい。大学では、障害者が健康的で豊かな生活を送るための、ックで、多くの選手たちが試練を乗り越えて競技に打ちそう考えるようになったきっかけは、北京パラリンピ100込む姿を見たことである。テニス部に所属する私にとって、車椅子テニスでの日本人選手の優勝は、特に印象的だった。その後、同じスポーツ選手として、障害者の競日本では、支援体制や設備の点で、海外に比べて未整技環境に興味を持ち、その現状を調べてみた。きく、周囲の支援の有無が練習環境を左右する。さらに、300備な部分が多い。また、用具や遠征などの費用負担も大大会で障害の種類や程度でクラスを分けることに抵抗感を抱く選手もいるように、競技者の意識も一様ではない。だが、スポーツ活動が機能回復や健康増進を目的とするだけでなく、地域の人々との交流や社会参加の場でもあ障害者スポーツを捉え、彼らの自立を継続的に支えるた指導員の資格を取得し、将来はスポーツを通して障害者の生活を支える地域のコーディネーター役になりたい。あなたが本学を志望した理由について、縦書き八〇〇字以内で書きなさい。どれほどるの意こ欲がとありは、な、ぜ学すびたべいのてかをの、客競観的技・論者に当てはまるだろう。こうしのです。きる環境作りに、市民や行政など多方面の人々が取り組理的に説た明し意、読義み手にを納つ得さいせるてことのが求理めら解れてをいる深め、皆がともに楽しく競技で書き方としては、他の形式の小論文と同様、「序論」「本論」「結論む」のこ三段と構成がで求まとめめるらとわれかりるやす。いで私しょは、競技と日常生活の両面からう。序論でめは、の自分具の志体望す的る学な部・方学科法(就を職の模場合索は職したい。それは、国民全体のス踏み込めると貴よい学でしでょうは。本、論で障は害、序者論で福示し祉た学の専門知識に加え、関連分野も種)を示ポしまーす。ツさら振に、興具体、的にさ何をら学びにたいはかに豊までかな福祉社会への一歩となる。の経験や周囲の人のアドバイスなど、必ず具体例を挙げて部・学科 体を志系望す的る理に由を学説明べしまるす。。これリは、ハ自分ビ自身リを行う際の医学的知識や、生ど」と納バ得でリきるアのでフす。リ結論ーは、や本論安で述全べた性理由なを踏ど都市計画論の視点も取り入れ行います活。このれに不より安、読をみ手解はあ消なたすの意る見に心「な理るほ学的ケアは不可欠だろう。また、ていくかにといもう、積将来極の展的望ににまで参触れ加られしると、、よ競り説技者の生の声を聞きたいと考えまえてまたとめいます。。大貴学で学学んのだこ現とを場将来実にど習う生やかし障害者支援のボランティア活動得力のあてる志い望理る由に。なりそますし。て、在学中に社会福祉士や障害者スポーツ800700600     2   53 32 1 5    45チチチェェェッッックククしししよよよううう!!!40050020080070060010152025500400構 成3001015202520010012■1志望理由■1志望理由■1志望理由13サポート18実例1解 説解 説演 習演 習*内容は変更になることがあります。解説実例1/実例2/実例3演習実例1/実例2演習方法を学び、具体例を通じて理解する演習を解いて確認する改訂 志望理由・自己アピール予習ノート学習内容【全1冊】●「志望理由」も「自己アピール」も、「解説+実例+演習」の3ステップ構成

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る